<事業報告>観光研修プログラム

観光交流事業

Training Workshop MTraining Workshop ITraining Workshop P

観光研修プログラム

 

 日付/期間/場所/参加人数 :

2011年6月8日~10日:マレーシア・ペナン(41名参加)

2011年6月13日~15日:インドネシア・ジョグジャカルタ(35名参加)

2011年6月28日~30日:フィリピン・マニラ(32名参加)

 

 講師 :山義則氏 (Office Yama 代表)

     渕上奘慶 (日本アセアンセンター観光交流部)

 

 本事業は日本人旅行客の受け入れ態勢において重要な人材開発事業の一つで、日頃日本人旅行客を接遇している観光関連事業従事者を対象に、ASEAN各国の主要な観光地で毎年実施しています。

今回の開催地は、2008年7月にマラッカとともに歴史的な町として世界遺産に登録され今後日本人旅行客の増加が期待されるマレーシア・ペナン島のジョージタウン、インドネシアの世界遺産ボロブドゥールの玄関口として知られる古都ジョグジャカルタ、そして世界遺産にも登録されている歴史的建造物が多く残るフィリピンの首都マニラで、日本語ガイドやホテル、旅行会社、レストランの従業員などを対象にワークショップ形式の3日間の研修プログラムを実施しました。

観光事業関係者に対する訓練の専門家・山義則氏が日本人旅行客受け入れに際してのサービスのあり方、ガイド・テクニック、クレームの処理法などについて指導を行い、センター観光交流部・渕上奘慶が日本人海外旅行客の動向と日本の文化・伝統について講義をしました。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

GoToTopPage