<事業報告>ASEANクルーズ観光ワークショップ

観光交流事業
cruise_AJChall 日本アセアンセンターでの講義
cruise_Yokohamaport横浜港 飛鳥IIをバックに
cruise_osaka 大阪港・天保山岸壁

期間 : 2011年10月30日~11月3日

場所 : 東京・横浜及び大阪

観光交流部は、ASEAN各国より、管理職レベルの官・民のクルーズ観光関係者を日本に招聘し、研修を実施しました。総勢21名の参加者は、東京で最新の日本観光事情やクルーズに関する講義を受けた後、横浜港を訪問し、飛鳥IIの帰港を見学。翌日は、日本の観光関係者向けに、各国のクルーズ事情の発表を行いました。その後大阪に移動し、大阪港の見学や、大阪市の港湾局のブリーフィングを受けた他、クルーズ船が大阪に寄港した際の上陸プログラムの訪問先として人気のある大阪城や海遊館を訪問し、観光地としての大阪の魅力を堪能しました。

来年2月21日には、本ワークショップのフォローアップ事業としてシンガポールでフォーラムを開催し、ワークショップ参加者による日本での研修の成果発表や、パネル・ディスカッションが行われます。

 

GoToTopPage