<事業報告>第3回 ASEANツアー・プランニング・コンテスト受賞記念ツアー

観光交流事業

受賞記念ツアー120100303_220100303_3

第3回ASEANツアー・プランニング・コンテストの受賞記念ツアーが3月3日~9日に実施されました。このコンテストでは学生・一般の方々を対象とし、既存の旅行商品にはない斬新なツアー企画を競っていただき、受賞者4名を記念ツアーに招待しました。

今回の受賞記念ツアーは、ASEANツアー企画大賞の建部恵世さんによる企画を基にしたタイ、ラオス及びカンボジアへのモニター・ツアーでした。建部さんの企画テーマである「環境保全、エコビジネス、地産地消」を盛り込み、バンコク/ノンカイ間の夜行列車の移動、アンコール遺跡での自転車による観光や、ラオスのハーブの食文化体験をしました。また、他の受賞者の方々の企画テーマも記念ツアーに盛り込み、日本語学校での教師体験や、オーダーメイドの民族衣装を着て現地学生との交流を図るプログラムなども実施しました。

モニター・ツアーを終えた受賞者からは、数多くの生き生きとした意見が聞かれました。「現地で出会った学生さんとの交流が印象深い」(建部さん)、「1つのツアーを作り上げることの難しさを知った」(上田麻未さん)、「単なる東南アジアの国から、友達の住んでいる大好きな国に変わり、ASEANへ目を向けるきっかけになった」(乾麻衣子さん)、「このツアーを通して知ったASEANの魅力をもっともっと伝えていきたい」(中谷さん)。

⇒上記に関するトラベルジャーナル誌(2010年4月26日号)の掲載記事はこちら

GoToTopPage