新潟における双方向観光交流事業

観光交流事業
双方向観光交流事業

2009年8月28日:新潟市

観光フェア開催中にASEAN各国代表団のリーダーと新潟市の観光関係者との間で意見交換会が実施されました。

各リーダーは新潟市内の主な観光地を視察した後、新潟市、新潟観光コンベンション協会及び新潟商工会議所の観光担当者との間で、外国人旅行客受け入れにおける改善点やASEAN各国からの旅行客を受け入れるのに際しての注意点などについて意見交換を行いました。

各リーダーは政府観光機関の職員であり観光の専門家という立場から、新潟の受け入れ側に有意義かつ貴重な提案がされました。その主な意見は、市内及び施設に英語表記を設置してほしい、バスなどの公共交通機関での観光施設へのアクセスを分かり易くしてほしい、外国人向けの観光資料を充実してといった内容でした。

GoToTopPage