加盟国・設立及び沿革・ミッション

加盟国・設立及び沿革

日本アセアンセンターは1981年5月25日に、当時の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国(原加盟国:インドネシア共和国、マレーシア、フィリピン共和国、シンガポール共和国、タイ王国)政府および日本政府が「東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター設立協定」に署名して設立された国際機関です。

後にブルネイ・ダルサラーム国(1990年6月8日)、ベトナム社会主義共和国(1998年2月21日)、カンボジア王国(2001年6月11日)、ラオス人民民主共和国(2002年3月20日)、ミャンマー連邦(2006年4月27日)が日本アセアンセンターに加盟しました。

現在、ASEAN加盟全10カ国および日本が加盟国となっています。

設立当初、事務局は東京・池袋のサンシャインシティ内ワールドインポートマートビル6階にあり、1987年4月には銀座4丁目セントラルビルへ移転しました。2009年3月に御成門(新橋)の新御成門ビルに移転し、現在に至ります。 

センターの歩み
1981年
5月25日

日本アセアンセンター設立

(原加盟国:インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、日本)

1990年
6月8日
ブルネイ加盟
1998年
2月12日
ベトナム加盟
2001年
6月11日
カンボジア加盟
2002年
3月20日
ラオス加盟
2006年
4月27日
ミャンマー加盟
2009年 アセアンホール(多目的ホール)の開設
2011年 投資と観光分野において双方向の活動展開へ
「人物交流」が第4のミッションとして加わる
2012年 貿易部と投資部が統合し、貿易投資部となる

 

ミッション

日本アセアンセンターの主要ミッションは次の通りです。

  • ASEAN諸国から日本への輸出の促進
  • 日本とASEAN諸国間の直接投資の促進
  • 日本とASEAN諸国間の観光の促進
  • 日本とASEAN諸国との人物交流の拡充

pr_事業紹介

GoToTopPage