【レポート】ASEAN Anniversary 2010

その他その他ASEAN全体

ASEANA_partygirls

8/9(月)~12日(木)、「ASEAN Anniversary 2010」を開催しました。

8月8日のASEANの設立記念日をお祝いして、アセアンホールではASEANのパーティーガールたちがお客様をお出迎え。

 

連日たくさんの方にお越し頂き、中には足繁く4日間連続で通ってくださったお客様もいらっしゃいました。

この場を借りて、スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

 

様々なプログラムを日替わりでお届けした「ASEAN Anniversary 2010

その様子を、一部ですがご紹介いたします!

 

8月9日(月)

 

  •  ベトナム映画「きのう、平和の夢を見た」上映

ASEANA_VietnamDessert初日ということで記念日のお祝いも兼ねて、お客様にはベトナムのデザートをサービス。

マンゴープリン、杏仁豆腐、そしてめずらしいおぜんざいとどれも魅力的なものばかり!

どれを食べるか選ぶのも楽しい、決められなくてお友達とシェアされる方も。

会場前には大行列!おいしいデザートに思わず笑顔が広がります。

映画はベトナム戦争時の実話に基づいて作られた感動作。思わず涙がというお客様もいらっしゃり、「感動した」という声をたくさんいただきました。

帰るお客様の手にはベトナムのお弁当がちらほら。

デザートの提供だけでなく、お弁当も販売してくださったベトナム料理レストラン“Saigon”(サイゴン)さん、どうもありがとうございました。

 

8月10日(火)

  • ラオス映画「サバイディー・ルアンパバン」上映

実は前評判がもっとも高かった作品で、平日のお昼にもかかわらず会場はほぼ満員!

美しいラオスの風景と温かいラオスの人々、その中でほのぼのとしたラブストーリーが繰り広げられます。

ラオスに行ったことがある方にはなつかしく、行ったことがない方にはぜひ一度訪れてみたいと思わせる、そんな作品でした。

 

  • ASEAN留学生による国紹介セミナーおよび交流会

ASEANの国々は十国十色。民族や宗教、言語から生活習慣まで様々です。ASEANA_catering

その内容を、各国から来た学生の方たちが日本語でプレゼンしてくださいました。

会場は超満員!各国独特の行事や習慣など普段聞けない話にお客様も興味津々。

同じアジアなのに知らないことが多かったことに気づかされた、とても勉強になった、などの声が多数!セミナーは大成功でした。

アスジャ・インターナショナルおよび在日ラオス人留学生協会の皆様、本当にどうもありがとうございました。

続いての交流会では東南アジア料理のお弁当が登場!ASEANA_studentsParty

インドネシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナムと色とりどりの豪華なお弁当が並びます。Cabeさん<インドネシア料理>、mangotreeさん<タイ料理>、Saigonさん<ベトナム料理>、Travel Cafeさん<フィリピン料理>、海南鶏飯さん<シンガポール料理>、どうもありがとうございました。

おいしいASEANご飯をいただきながら、留学生との交流もとてもはずんでいた様子。

東南アジア地域について学んでいる学生の方からお仕事で関わってらっしゃる方、東南アジアを旅し尽くしてきた方まで、様々なフィールドの話が飛び交っていました。

お互いの情報が共有できただけでなく、今後のご縁につながる場となればと願っております。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

8月11日(水)

  •  カンボジア映画「稲妻の足をもつ男」上映

今回、上映作品の手配が直前までかかってしまい、作品をご紹介できるのがとても遅くなってしまいました。

その代わり、日本語字幕付きで日本では初公開の作品として、カンボジアの人気のコメディが登場!

素朴な漁村になつかしさを感じ、首都プノンペンの舞台ではカンボジアの生活感、そしてカンボジアの笑いに触れられる。

日本では滅多に味わえない映画を通じて、カンボジアの新しい一面を皆様にお楽しみいただけたのではないかと思います。

 

  • メコン地域経済回廊セミナーおよび意見交換会

ASEANA_MekongSeminar

ビジネス向けのプログラムとして、メコン地域の経済回廊、南部経済回廊および東西経済回廊についてのセミナーを実施しました。 

ご案内と同時にたくさんのお申し込みを頂き、キャンセル待ちや当日受付のお客様が続出してしまった上、会場も超満員。ご迷惑をおかけしてしまったお客様には大変申し訳ございませんでした。

スピーカーの松島様(三井物産株式会社)、福田様(山九株式会社)、貴重なご講演をどうもありがとうございました。

続いての意見交換会ではベトナム料理、そして珍しいミャンマー料理がお目見え。

ASEANA_MekongSeminarEvening

P4Incさん<ベトナム料理>、SHWE ZIN YAWさん<ミャンマー料理>自信作の豪華お料理をどうもありがとうございました。

ベトナムやミャンマーのビールも一緒に試飲していただきつつ、ASEANのビジネストークや業界話も盛り上がっていた様子。今後のASEANのさらなる経済発展に向けて、一緒に力を合わせて邁進していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

スピーカーのお二方、ならびにご参加いただいた皆様、お忙しい中、どうもありがとうございました。

 

 

8月12日(木)

  •  ミャンマー映画「モージョ・ダゴン -謎の塑像-」上映

最後を飾るのは、神秘のベールに包まれた国、ミャンマーの映画。ASEANA_MyanmarSnack

民族や村という世界観や生活に根付いている宗教観、そして一般大衆における格闘技の人気ぶりが窺えます。

普段なかなか見られない作品を目当てに、たくさんのお客様にお集まりいただいた中、ここで最後のセンターからのサービス!

ミャンマーのお菓子とお茶、しかもなんと手作りの逸品をお客様全員に味わっていただきました。

お菓子はバナナの葉で包まれたお餅と揚げせんべい、そしてミルクティーとどれも目新しいものながら、食べてみると絶品!

ご協力いただいたミャンマーの皆様、たくさんの方が駆けつけてくださって、本当にどうもありがとうございました。

  • ミャンマー映画トークショー <ミャンマー映画祭実行委員会代表 三井優氏>

さて、映画が終わると、次はミャンマー映画のトークショーへと続きます。ASEANA_MyanmarTalkShow

映画を鑑賞された方々は皆様熱心な方ばかりで、ほとんどの方がそのまま参加されていました。 

ミャンマーでは映画の前には必ず国歌が流れて国民は起立すること、ミャンマー政府からのCMが映画の前後途中にたくさん入るのが普通であること、映像技術が十分ではない分、出演者の方たちのマンパワーや演技力がとても優れていることなど、想像を超えるミャンマーの映画事情が次々と暴かれていきます。お話の終わりに質問を募ると次々に意見が飛び交い、皆様のミャンマーへの関心の高さが窺えました。

今回映画の上映に関わり、三井様には様々な形でご協力いただき、この場を借りて深くお礼申し上げます。

今回のプログラムを通してミャンマーに興味を持った方も元々ミャンマー好きな方も、皆様ぜひ、次回のミャンマー映画祭に足を運んでいただき、また違ったミャンマーと出逢い、新たなミャンマーの魅力に触れてみてください。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

あっという間に全プログラム終了となった「ASEAN Anniversary 2010」

無事終わりを迎えられたのも、ご協力頂いた皆様、そしてご来場頂いた皆様のおかげです。

本当にどうもありがとうございました。

 

「楽しかった」「新しい発見があった」「また遊びに来たい」など、うれしい声をたくさんいただきました。

これを励みに、また楽しいASEANイベントを皆様にお届けできるよう、スタッフ一同、尽力してまいります。

そして、それがASEANと日本がより強くつながり、共に歩んでいくことにつながれば幸いです。

 

最後になりましたが、アンケートにご協力いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。

当選された方には、“ASEAN食の詰め合わせセット”をプレゼントします!

発送までもうしばらくお待ちくださいませ。お楽しみに☆

 

またのアセアンホールへのご来場を、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

 

 ASEANA_cake

 

GoToTopPage